DM9600シリーズ (ECE104)コンスピキュイティマーキングテープ

概要

DM9600コンスピキュイティマーキングテープは過酷な気象状況の中でも耐え得る耐候性の高いアウトドアユース製品です。その素材は、トラックやトレーラーに装着した際の被視認性を意図したものです。また耐候性と反射性能の高さから、蓄光反射道路鋲DMLM90の反射部としても採用されています。

製品の構造

DM9600コンスピキュイティマーキングテープは、しなやかに完全結束したキューブコーナー(マイクロプリズム)再帰性反射エレメントと、滑らかで頑丈、耐候性が高く紫外線によって変質しない高分子フィルムの表層で構成されています。 真空蒸着(vacuum deposition)されたアルミニウムによって覆われたプリズム表層は鏡面状に仕上がっています。その結果、素材は0.20mm以下の厚みとなり、強力な接着力のプレッシャーセンシティブ接着材を備えています。一層仕上げの製品にはエッジシーリング加工の必要がないため、そのまま使用しても側面から水やゴミが入り込む心配がありません。

国際規格

DM9600コンスピキュイティマーキングテープは下記の通りECE104クラスCの承認を受けています。 ホワイト:104R-001051、イエロー:104R-0010502、レッド:104R-001053、

再帰性反射

DM9600コンスピキュイティマーキングテープは国際規格であるECE104 Class Cの最低反射基準を十分に満たしています。CIE基準の光源Aと、CIE No.54の条項に基づく測定の場合、DM9600コンスピキュイティマーキングテープの再帰性反射係数は、下記表の数値を下回ることはありません。

カラ―

DM9600コンスピキュイティマーキングのカラ―はイエロー、ホワイトそしてレッドで、各色共ECE104の規則に則っております。

粘着層

粘着層は剥離紙で保護されており、水や溶液に浸すこと無く剥がすことができます。 25ミリの接着面は、800gの過重で5分間もの接着力があるため、平坦なアルミニウムの表面への規定の標準的な接着テストを行う場合50ミリ以上剥がさず行って下さい。

取り扱い説明 適用指示

素材は素材の表面もしくは外気温が15〜38℃で最適な接着が可能です。素材表面からはグリスやオイル、そして誇りなどをよく取り除いておきましょう。接着前には清潔なタオルとイソプロピルアルコールもしくは同等品で表面を拭き取ります。気泡が入ってしまった場合は、針で気泡を潰し、スキージ―(ゴムプレートワイパー)で押空気を押し出します。

メンテナンスとクリーニング

温水と合成洗剤を使い、スポンジ、布もしくは柔らかいブラシなどで手洗いします。クリーナーは濡らして使い、表面を傷つけないよう注意します。強い溶剤は用いず、ペーハー値3〜11で強酸性、強アルカリ性にならぬようにしましょう。洗浄後はよく濯ぎます。 ヘプタンやVM&Pナフサもしくは石油スピリットで湿らせた布を使い、グリスやオイル、タールを取り除きます。その後、合成洗剤で洗いよく濯ぎます。 高圧洗浄機を使用する場合は下記にご注意下さい。

  • 最大圧力は80バールまでに設定します。
  • 最大温度は60℃に設定します。
  • クリーニングジェットは製品表面から最低1m以上離して洗浄を行って下さい。
  • クリーニングワンドは製品面に対して15度以内の角度を保ちます。
  • ワイドスプレー状態にてご使用下さい。

保管場所と保存可能期間

  • 加工前、加工後に関わらず、マーキングテープの保管可能期間は、製品が皆様のお手元に届いた日から2年以内です。
  • 清潔で乾燥した場所で保管し、直射日光は避けましょう。