DM1100SOLASテープ

特徴

DM1100 SOLASテープは、過酷な海上での屋外使用を目的として設計された、耐候性および耐溶剤性に優れた製品です。DM1100は米国運輸局仕様であるUSCG46CFR 164.018及び国際海事機関(IMO)決議A.658(16)に準拠し,ドイツ船舶規格GLによって認証されています。剛体及び非剛体の海洋器具:救命いかだ、救命浮環、救命胴衣及び救命ボートへの適用が可能です。

テープの構造

DMのSOLASテープは、プラスチック層に埋め込まれた封入型ガラスビーズから構成されています。滑らかな表面、丈夫で耐候性のあるUV安定化ポリマーがその特徴です。DMのSOLASテープには、強力な裏面粘着層ありのDM1100A、そして粘着層なしの布地裏張りタイプDM1100Bの2種よりお選びいただけます。

製品の認証

IMO決議A .658(16)Annex2 SOLAS74 Reg III/34改正 LSAコード HSCコード(1994および2000)

再帰反射

DM1101 SOLASテープの再帰反射係数(RA)は、以下に示す値を下回わりません。

色度

DM1101 SOLASテープのカラーはシルバーです。色度はCIENo.15に従って測定され、45°/0°又は0°/45°の幾何学形状を用い光源から照明した際に、次の色度座標で定義される領域に位置します。

粘着剤

DM1101のSOLASテープには、裏面粘着層を備えたDM1100Aがございます。粘着層は剥離ライナーで保護されており、剥離ライナーは水や溶剤に浸すことなく剥がすことができます。

保管期間と方法

製品は出荷日から1年以内に使用してください。部分的に使用されたロールを含む全てのロールは、元の梱包材に入れ、きつく巻かれた状態で保管することが必要です。直射日光の当たらない、乾燥した清潔な場所で保管してください。摂氏20°C、相対湿度50%の条件下で保管してください。