ニュース — 作業服

反射材及び再帰反射テープを作業服に利用する

投稿者 :反射材通販プリズム on

反射材及び再帰反射テープを作業服に利用する

反射材及び再帰反射テープを作業服に利用する 再帰反射性材料は通常、透明フィルムに封入された微小なガラスビーズまたはプリズム要素からなり、光源に向かって光を反射する。再帰反射テープは、特に暗闇の中で着用者が他の人から見やすいように、衣服に縫い付けられたり、接着されたりすることが多い素材です。 テープは光を反射し、他人に自分の存在を知らせてくれる安全に欠かせないアイテムです。再帰反射テープは、ワークシャツ、オーバーオール、ベスト、ジャケットなどによく使用されます。業務用での使用のほか、通常の夜間歩行や雨天時に着用すると交通事故を未然に防ぐ効果があります。 反射テープの衣服への利用は様々なパターンで適用され、垂直帯、水平帯、など作業内容に適したパターンが用意されています。 再帰反射テープ利用の注意点 反射テープの使用は、日常生活や過酷な作業現場に至るまであらゆるシーンでの安全維持に非常に効果的であることが証明されていますが、その使用においていくつかの潜在的な危険性にを認識することにより、安全性をさらに高める事ができます。 再帰反射性のテープが肩の上に伸びる場合、肩、首および耳の周りの熱の蓄積を増加させることがあり、炎天下や太陽の光が多い作業現場で利用する際はテープの位置が肩の位置に無いか否かを確認しましょう。 また車両内で反射テープを使用する際にも注意が必要です。再帰反射した光がフロントガラスを通過する際に内部反射起こり、視界を妨げ、窓から車外を見ることが困難になるため、運転上の危険が発生する可能性があります。車内では上部の太陽光からの反射が主な原因となるため、肩からテープを取り除くか、腕より下の高さでテープを貼ることにより運転上の危険を軽減できます。また、取り外し可能なベストが必要な場合もあります。テープによっては古くなると、亀裂やほつれが生じたり、磨耗が生じることがあり、溶接または研削作業による粒子から熱を受けると、くすぶりまたは溶融することがあります。 難燃反射反射材 より安全に反射テープおよび反射材利用の衣服を使用するためには、作業環境や衣服の利用箇所を考え、適正に反射材を使う必要があります。 特に熱を発する箇所での利用、特に防火服などでは特殊な耐熱・難燃性テープがありますので、熱対応を考え反射材を利用する事が必要です。 難燃反射布の種類 熱のある場所では難燃反射布を利用しますが、その種類は色々です。 アラミド難燃反射布 アラミド繊維100%: コットン難燃反射布 コットン100%: 一般的な防炎防護服や作業服に アラミド帯電防止難燃 反射布 アラミド繊維97%、帯電防止繊維3%:帯電防止要求のある防炎防護服や消防服に適用 難燃熱転写反射フィルム ポリエステル100%:難燃布、防寒着、レインコートなど,一般的な防炎防護服や作業服に

続きを読む →